MSN産経でやましたひでこさんの特集記事が掲載されています

MSN産経

2013年5月27日のMSN産経ニュースのコンテンツ、【話の肖像画】にて「「断捨離」提唱者・やましたひでこ(59)」と題して、やましたさんの特集記事が掲載されています。

MSN産経の特集記事では、主にやましたさんの過去についての内容が語られています。
断捨離に目覚めたきっかけなど、気になる話題も多かったです。

やましたひでこさんは、「断捨離」を一番最初に提唱した方で、断捨離の第一人者としてさまざまな講演活動、執筆活動をおこなっている方です。

特集記事のまとめ

やましたひでこさんの特集記事は全4回に渡って掲載されており、読むのに結構時間がかかります。
時間がある方はじっくり読んでいただきたいのですが、せっかくなので今後の断捨離のアイデアの参考になるかと思い、要点をまとめておきました。

■断捨離は母親への反発
やましたさんの母親は何でも貯めこんでしまう性格だった。
なので、母が入院している間に不要なものをすべて処分した。

■断捨離のきっかけは「ヨガ」
姉が持っていたヨガの本がきっかけで、ヨガ教室に通い始める。
断捨離とは「欲望を断ち、執着を捨て、あらゆることを手放して、自在に生きる行法哲学のこと」。
断捨離をはじめたのはヨガ教室に通ってから10年後。

■断捨離について
断捨離は「モノ・コト・ヒトとの関係を見直す人生の棚卸(たなおろし)、今の自分と向かい合って自分を取り戻すプロセス。」である。
自分にとって不要・不適・不快なものを取り除くと、余裕が生まれ、ゴキゲンな気持ちになる。

断捨離をする上で大切なのは「自分がどうしたいのか?」という自分軸を持つこと。
他人に良く思われたい、悪く思われたくないなど、他人の思いが行動や判断の基準になってしまってはだめ。

■「断捨離」提唱者・やましたひでこ(59)【全4回】

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのページもご覧ください