処分品をリサイクルやオークションで売る3つのデメリット

オークション

断捨離をおこなうと、服や物など、たくさんの処分品がでます
この「要らなくなったもの」をリサイクルに出したり、オークションに出品すると、わずかながらお金になります。

そうしたほうが少しでもお得なので、多くの人がリサイクルやオークションに出品し、処分品を売却することを考えますが、断捨離に限っては、あえてそれをしない方がいいかもしれません

いらないものを売却するデメリット

いらないものをリサイクルにかけて得られるメリットは1つ、売却相当額を受け取れることです。しかし、逆にデメリットは3つ考えられます。

なかなか売るという行動に出ない

行動

断捨離によって多くのゴミ(不用品)が出ると、それをリサイクルに買い取ってもらったり、オークションで売る方がお得だと考えてしまいがちです。

しかし、不要品の量が多い場合、買取の手続きやオークションでの出品設定がすごく面倒です。
リサイクルに買い取ってもらう、オークションに出品する、それだけでも大きな労力と手間がかかってしまい、「売ろう売ろうと思いながら」、いつまで経っても家の中に置いてある。
という状態に陥ってしまいます。

そうならないためにも、あえてスパっとゴミとして出してしまった方が気持ちがいいです。
オークションなどに出品して本来得られたであろうお金は、「片付けの整理手数料」だと思って諦めてしまうことをおすすめします。

とにかく時間がかかる

時間

大量の不用品をオークションに出品したり、リサイクルショップに持っていくと、非常に時間がかかってしまいます。

「時間」は貴重なものですが、その限られた時間を不用品処分の時間として浪費してしまっているのです。ゴミとして出せば数分で済む話なのに、です。

不用品を処分しても、貴重な時間ほどの価値ある金額が得られることは少ないです。
どうしても売りたい場合は、本当に売れそうな商品だけをピックアップして売却しましょう

不要なものは他人にとっても不要な場合も

不用品

3つ目は、「あなたにとっての不用品は、人にとっても不用品かも」ということです。

一部の不用品は売れても、一部の物は売れ残ってしまう。
売れ残りの不用品を買い取ってくれる業者をまた探したり、オークションで何度も再出品をすることになってしまい、せっかく断捨離をしたのに、なかなか不用品が家の中からはけてくれません。

思い切ってパッと捨ててしまえば、明日からシンプルで快適な空間が手に入ります。

まとめ

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのページもご覧ください