IT革命!断捨離を使った写真の整理術

写真の整理

思い出を残すために撮った写真はみるみるうちに溜まっていきます。
写真は気持ちのこもったものですから、そう簡単に捨てることはできません。

断捨離の考え方を使って写真を整理するにはどうすればいいか、考えてみたいとおもいます。

デジカメを使って写真撮影する

いまでは多くの人がデジカメや携帯のカメラで写真を撮っていると思います。
紙にプリントしなければ見られないフィルムカメラを使うと、写真はどんどん溜まってしまいます。

よほどのこだわりが無い限りは、最低条件としてデジタルカメラや携帯のカメラ機能を使って写真撮影をするようにしましょう。

紙が溜まるよりは、データが溜まる方がよほどスッキリします。

撮影した写真は厳選して残す

整理におけるデジカメのデメリットは、「撮り過ぎてしまうこと」です。
フィルムカメラと違って、デジタルカメラは容量が許す限り無限にシャッターを切れるので、無駄に写真を撮り過ぎてしまいます。

撮った写真をそのまま残すのではなく、時間を見つけて編集作業をしましょう。
良い写真は残し、悪い写真(特にピントが合っていないものなど)はどんどん削除します。
プロのカメラマンになった気分で本当に良い写真だけを残します。

紙の写真だけでなく、データも整理し断捨離すると写真管理が楽になります。

撮った写真はパソコンへ取り込む

写真の取り込み

デジカメで撮った写真をいつまでもデジカメの中に入れたまま・・・
という方、とても多いようです。

デジカメで撮影した写真はすべてパソコンに入れる習慣を付けたいものです。
また、携帯で撮影したものもできればパソコンに入れて、一つにまとめて管理できるようにすると楽になります。

携帯の写真をパソコンに入れておけば、機種変更しても見られますしね。

Eye-Fi(アイファイ)を使ってパソコンに取り込む

Eye-Fi

デジカメで撮った写真データをパソコンに入れるのは面倒くさいです。
それを解決する方法が「Eye-Fi(アイファイ)」を使う方法です。

Eye-Fi(アイファイ)カードとは、Wi-Fi機能を搭載したメモリーカードです。
デジタルカメラのメモリーカードをEye-Fiカードに替えるだけで「デジカメの写真をパソコンに取り込む作業」が必要なくなります。

自宅など、インターネット接続環境がある場所に行くと、Eye-Fiカードが自動的に無線LAN接続され、メモリーカードの中のデータを自動的にパソコンに取り込んでくれるのです。

いらない写真、ピントボケなど失敗した写真の編集や削除も、デジカメで操作せず、大画面のパソコンで編集した方が早いですし、楽に作業がおこなえます。

■Eye-Fi(アイファイ)カード
http://eyefi.co.jp/

Android搭載デジタルカメラを使う

最近はAndroid(アンドロイド)を搭載したデジタルカメラも登場しています。
Androidとは、Google社が開発しているOS(ソフトウェア)のことで、主に携帯電話(スマートフォン)やタブレット型PCで使われているソフトウェアです。

Eye-Fi(アイファイ)カードがメモリーカードにWi-Fi機能が内蔵されているのに対し、Androidデジタルカメラは、カメラそのものにWi-Fiが内蔵されています。

Eye-Fiと同様に、ネット環境のある場所に行くと、自動的にデジカメの写真をパソコンに取り込んでくれます。ケーブルの接続は必要ありません。

代表的な機種は、Samsung社のAndroidデジカメ「GALAXY Camera」です。

オンラインストレージを使って、パソコンと携帯で共有する

写真の共有

オンラインストレージとは、インターネット上に無料のハードディスクスペースを貸してくれるクラウドサービスです。

共有機能によって、一度撮影した写真データを、パソコンや携帯、タブレットPCなどのあらゆる端末で閲覧できます。

このように、端末を問わず一つの写真データをどの端末からも自由に閲覧できるようになるので、事実上デジカメで撮った写真も携帯で撮った写真も、すべてを携帯に入れて持ち歩けることになります。

有名なサービスは、「Dropbox」、「Googleドライブ」、「Yahoo!ボックス」、「iCloud」などです。
オンラインストレージの利用はすべて無料です。

プリントアウトしない

プリントアウトしない

携帯のカメラやデジカメで撮った写真データをプリントアウトする必要性はめったにありません。
よほどのことがない限り、プリントアウトするのはやめましょう。

友達に写真を送りたい時は「メール」や「写メール」を使ってデータをおくる、部屋に写真を飾りたい時は、デジタルフォトフレームを一台買うと便利です。

デジタルフォトフレームが一台あれば、複数枚の写真をローテーションして表示してくれます。

紙の写真はスキャナでパソコンに取り込む

スキャナで取り込む

逆に、紙で保管している写真はスキャナを使ってパソコンに取り込みます
いらない写真は捨ててしまうのが一番ですが、どうしても捨てられない写真はパソコンに入れてしまうのがベストです。

パソコンに取り込み、データにしてしまえば色褪せることはありませんし、友人や知人にもいつでもメールで送信できます。

また、オンラインストレージなどを使って、常に携帯に入れて持ち歩き、どんな場所でも携帯からアクセスできるメリットがあります。

まとめ

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのページもご覧ください